--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20
2011

想定外の朝ラン

昨晩から隣の部屋の奴が夜通し騒いでたみたいで
朝4時ごろ目が覚めた

そろそろ日も上がる頃だし寝るんじゃないかなぁ…
と思って様子を伺ってたけど、結局寝ることはなかった

自分としても寝れないのに布団の中にいてもしょうがないので、
予定を早めて朝ランすることに

今日は予定通りロング走30キロ
レースを想定して普段とは違うアスファルトを走ったんですが
あっと言う間にシンスプリントの症状がでて滅茶苦茶辛い…
砂利道では症状がでなくなったけどアスファルトだと100%でますね
本番でも序盤は苦労するんだろうなぁ…と思いつつ序盤はだましだまし走りました

ロング走の一番重要なポイント、ハーフを越えてからに関しては
今回が3回目のロング走ってこともあって、だんだんとコツが分かってきました!

1回目のときは脚が辛くなって途中で歩いてしまった
2回目のときは走りきったけど、後半あからさまにバテた(特に上半身がきつかった)

で、今回も1回目、2回目同様にきつい訳ですけど、
その回避方法が分かってきました

前回までのようにバテてしまうのは、単純な筋力不足もあるけど
「痛みがでたときの対処法が分からない」のが一番の原因だと思います。

自分は25キロを過ぎてくると特に大臀部の外側が痛くなるんですけど
これを単純に我慢してると痛みがより増してきて、その結果止まってしまう。
「我慢して走る=力み」となってしまうのが良くなかったと思われます。
ここは”我慢”というよりも”力を抜く”ようにするのが正しい選択だと思いますね。

さらに、上記のように”我慢”して走ってると
知らず知らずのうちに首筋とか肩とか関係ない部分にも力が入ってしまい
結局最終的には満身創痍な感じになって、どうにもならなくなってしまう。
(2回目がこんな感じでした)
上半身は必要最低限の力のみで極力「力を抜き通す」のが大事だと思います。
体のどこかしらに痛みが出ると、自然と力みがでてしまうので
それを抑えるのが難しいですね

ロング走はそんな”技術”を学ぶために本当に大事な練習なんだと分かってきました!w
30キロも走るのは身体的に時間的にもきついですけど、
フルマラソン後も継続してやっていきたいと思います!

帰宅後は、シャワー浴びてプロテイン飲んで少し早い昼飯を済ませ即寝
そんなに眠くはなかったんですけど、
午後0時頃の昼寝は成長ホルモンが多く分泌されるらしいのでそれに期待しましたw

次の日曜日のロング走は大会前最後のロング走になるので、
もう少し距離を伸ばして締めときたいと思います!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。