--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27
2011

30キロの壁

を痛感させられました

「30キロの壁は誰しもが味わうことになります」
って言葉を本で見た事があって、
正直自分はそこまで壁と感じずに乗り越えられるだろう
と思ってたんです。
結構真面目に走ってるつもりだったんで

が、しかし現実はあまくない

今日は序盤から絶好調でした。
シンスプリントの症状も軽度で済んで順調に走れてた
今回はあまりに調子良かったもんでペースが若干速かったのかもしれませんね
で、25キロ過ぎたあたりで左側の大臀筋に痛みが
それでも今までの経験で力を抜くことを意識して走り続けます!
で、1キロも走ると今度は右側も痛みだして…
がんばって走るも30キロ過ぎたあたりで撃沈orz
そこからの3キロは走ったり歩いたりでした…

たしかにこの程度走ってるくらいで”壁”を感じずに済んだら
”壁”という表現を使われていないですよね

今日はすごい調子よくて、絶対普通に走りきれると思ったけど全然甘かった
「マラソンは我慢だ!」なんて言われていますが、
本当にその通りで、どんなに調子良くても下手にペースアップすべきではなかったですね

これでフルマラソン前のロング走はラストの予定ですけど
最後に失敗できて良かった!
本番ではこんな失敗をしないようにペース配分に気をつけていきたいと思います
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。