--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
2011

日産カップ神奈川トライアスロン大会 スイム編

CATEGORY大会
最近ブログもネタ切れ気味なので何回かに分けて結果を書いていきたいと思います

ちなみにリザルトは現在分かっていません
自分なりに探したつもりでしたけど、張り出されたりとかしてたのかな?

本題に移りますが、
今回は何かと粗相の多い大会になってしまった気がします…

朝は5時半起床
準備して速攻家を出ます!

とりあえず京急川崎までは自走
そっから輪行袋に入れて電車で行きます。

ちょっと走ってあることに気がつく
「タイヤ空気入れてない
携帯空気入れですかさず空気補充
問題なく8barくらいまで空気入った
優秀な空気入れを持ち歩いてて助かりましたw

京急川崎到着後、今度は輪行袋に自転車をつめます。
ホイールに傷がつくのが嫌で、ホイールは別途ホイールカバーに入れて持ち歩く
トランジッションバッグ、輪行袋、ホイールカバー×2…
荷物多すぎです

電車は一番前に乗ろうと決めてたんですけど、
京急の一番前には運が良いことに障害者用スペースがあったので
そこに自転車を置いて、会場最寄駅の追浜まで行きました。
早い時間だったので電車も空いてて助かりましたね

で、7時頃には会場に到着したが、7時半にならないと会場入りできないらしくてまだ入れない。
しばらく待つと守衛さんからGoサインが出たので会場入り。
受付とナンバリングを済ませてトランジッションエリアへ

色々とセッティングをしていると、運営の人に「かばんはエリア内におかないでください」と注意される
貴重品とかも入ってるんですけどダメなんですか?と聞くも取り入って貰えず
だったらせめて財布だけでも預けられるようにした方が良いんじゃないですかね?
一人できてる人だっているんだし

で、開会式とかチアリーダーの方々の催しもあったけど長くなるので省略してレース詳細へw


スイム編:
スイムは海でL字型のコース750mを2周回
入水チェックをさせてもらおうと思ったら「一度入ったらでられない」らしい
それはちょっと困るのでぎりぎりまで待たせてもらいました
海に入ってみると、ウエットスーツの効果も相まって凄まじい浮力
足とか手を動かさなくても普通に浮きます
「これは好タイムが期待できるでー!w」と思ってたところ
まず選手権枠の方々からスタート!
ここでアナウンス「次、第1ウェーブの人達スタートします!」

「あれ?自分第1ウェーブだっけ?」
すぐスタートだと言うのに係りの人に確認w
そしたら「水色の帽子の人達スタートします」と分かりやすい言い方に直してくれた
すみません、ちゃんと調べておかないで…

で、今度こそスタート
最初から順調に飛ばして行きますが、正直コース取りが悪かった
めちゃめちゃ遠回りさせられてるし…
コーナリングでは若干バトル気味になるけど、
手賀沼のときのような壮絶なバトルにはならず終始快適に泳げた
水はにごっているけど、それなりに視界は確保できてて
それがバトルの緩和につながってる感じがしますね

肝心の海スイムの完走としては
淡水に比べて泳ぐのにパワーが必要な感じがします。
何か余り進んでる気がしないのにやたら水の抵抗感があってすごい肩が疲れる
どうしようもなくて平泳ぎを混ぜつつ泳ぐ感じになってしまいましたね

まぁそれでも何とか1500m泳ぎきりスイム終了

スイムは抜かれる一方で全然人を抜かした感じがしませんでした
本当に練習不足を実感
もっと効率の良い練習をしてしっかり追い込んでいかないとダメですね
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。