--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19
2011

Adamo Time Trial インプレ

CATEGORY自転車
久々のブログ更新

膝は相変わらず痛くて、相変わらず運動禁止な状態
靭帯は良くなってきてるんですけど、それ以外の部分がいまだ悪い感じですね

で、話は変わって
先月くらいからブログにアクセス解析の機能を付けたんですけど、
どうやらうちのブログは”Adamo Time Trial”の検索キーワードからきて頂く機会が多いようです。

なので、あらためてAdamo Time Trialの座り心地について書いてみたいと思います。

一応当方の身長体重を書いておきます。
身長:177cm
体重:66kg
股下:83cm

シートの硬さは「普通」だと思います。
写真とかで見ると肉厚に見えるので、一見柔らかく見えるかもしれませんが、
柔らかくもないし硬すぎる訳でもない感じ。
重量もそれなりにあります。

TTポジションのときは、二つに割れているだけあり”限りなく先端”に座る事ができます。
しかし、自分がトライアスロン(ショート)の大会で走ったときは股ズレしましたorz
箇所的には右側の太腿の付け根部分
二つに割れているぶん普通のサドルと比べて明らかに先端が太いので、股ズレの危険性は多いにあると思います。

逆にロードのポジションのときは股ズレしたことはありません。
一応、奥多摩湖まで約200キロ走りましたけど、股ズレの心配はまったくなかったです。
”Adamo Time Trial”なんて名前ですが、ロードポジションでも普通に乗れます。
一応弟も跨ってみたんですが、「座りやすい」と言っていたんで間違いないと思いますねw
ただ、今まで使っていたFisikのサドルと比較してケイデンスは落ちた気がします…
なんだかんだで先端の太さは気になる感じです。。

最後になりますが、
普段跨っているサドルとはお尻の接点部分が違ってくるので
始めてロードに跨ったときのあのお尻の痛みを、新たな箇所で味わう事になると思います…

始めてのときと比べれば、ペダルに十分体重を乗せて走れるようになっているので
そんなに酷い痛みではありませんでしたが、慣れるまでちょっと時間がかかりましたね。


率直な意見としては、やっぱり座り心地に”癖”があるサドルですので
万人にお勧めできるものではないかな?と思いますね…
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。