--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30
2012

奥多摩周遊道路

昨日今月2回目の奥多摩に行ってきました。

前回は松姫峠でしたが、今回は奥多摩周遊道路。
メンバーは、"売り切れない男"M氏、まだまだ初心者のO氏、同じく初心者の豆男さん
そして"足腰の弱い"私の4人です。

この中では豆男さんのみクロスバイク。
そしてO氏は前回からホイールとペダルがパワーアップ!
私の周りでは、「歴3ヶ月のホイール変更」が恒例行事になってる気がしますw

それにしてもこの日は気温も高く、日差しもまた一段と強かった
とにかく暑くて暑くてどうしようもない
ボトルの水もいつも以上にガンガン減っていく。

それでも、今までどんな暑さに負ける事もなかったんで
「補給だけ気をつければ大丈夫」と思っていたんですけど
この日だけは違いました

M氏に煽られてかなりハイペースで登ってたとはいえ、変に気持ちが悪い
程度の軽い吐き気がずっと続く感じ…
いつものコンビニで昼食を摂っても、なかなか食事が喉を通らない。。

何とか食事を平らげ、気持ちを切り替えて走る!
吐き気は続くものの調子自体は悪くはない。
ここからもM氏とアタック合戦を繰り広げてそのまま奥多摩湖へ!

こんなに速いペースで奥多摩湖まで登った事はなかったですね。
ハードに走り過ぎて、この日はここで売り切れてしまったw

ここから先の周遊道路は本当にキツかった
始めてきたとき以来の辛さ
売り切れちゃって全然スピードでないし、吐き気は強くなってくるし、
とてもじゃないけどいつものような楽しさを感じる事はできなかった

それでも何とか月夜見第一駐車場着。
M氏に大差を付けられて完敗の2着

何というか今日のM氏は中身が違うんじゃないかと思わずにいられないくらい速かった!
今まではいつも最後方をゆっくり走ってた感じだったのに、
山を降りた後もみんなを30kmオーバーの速度で一人で引き続けてたし…
悪魔に魂を売ったとしか思えない急成長ぶりで本当にびっくりでしたw


話が反れましたがそのあと全員揃うまで月夜見第一駐車場で待って
その後出発…
と思いきや、後輪のタイヤに空気が全然入ってない
パンク…っぽくなくて、空気圧が滅茶苦茶少ない感じで
「これがあの異様な辛さの原因になってたんでは…

ポンプで空気を足して出発するも、20キロも走らないうちにまた空気が抜ける
これはもうパンクだろうと諦めてチューブを交換して再度出発!

しかし、また20キロくらい走ったところで同じ現象が…
普段良くやる蛇噛みタイプなら即効空気抜けて「パンクだー!」ってなるんですけど
今回のパンクは徐々に抜けてく感じなんですよね。
アスファルトの熱でチューブの繋ぎ目がやられたとかなのかな?

よく分からないけど、ここで2回目のチューブ交換。
もう変えチューブは持ってない追い込まれた状況

ここから先は祈るような気持ちで走り続けましたが…
残り10キロ程度のところで、今度は前輪がパンク
症状は後輪のときとまったく同じ

もう残り10キロだからと、ポンプで空気圧を継ぎ足して走る!
何とかそのままもってくれて、奥多摩周遊道路190キロ終了!

今回は暑さと、気持ち悪いのと、パンクとで本当に苦しめられました

とりあえず今のタイヤは3000キロ突破してるのもあって寿命がきてたのかもしれませんね
今日いつも通りのPro4 SCをぽちっときました。

吐き気に関しては、熱中症の可能性が高いみたいです
熱中症になりやすい状態の1つとして「睡眠不足」が挙げられるそうです。
ライド前日は、オリンピックの男子ロードレースを最後まで見てそのまま興奮してほとんど寝れなかった…
今回はこれが効いたのかなぁと思います
今も吐き気が収まらない状態ですけど、
二日くらい安静にしてれば治るらしいんでちゃんと休息しておこうと思います。

今回は本当に辛い190キロでした。

IMG_0388 (800x600)
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。