--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
2012

グランフォンド八ヶ岳

CATEGORY大会
10月7日に開催されたグランフォンド八ヶ岳に出場してきました!

本大会は受付が前日受付だったので6日に移動となりました。

受付は17時まで行なっておりで、特にイベントにも興味がなかったのでゆっくり準備して10時くらいに出発したんですが
これが思わぬ悲劇を招くことに…

東京から首都高速に乗って中央道を進んで行った訳ですが、
まさかの事故による完全封鎖

プロパンガスを積んだトラックが横転して積荷のガスが爆発炎上したそうです…

もう渋滞というより完全停止で…
2~3時間は足止めをくらいました

結局現地に着いたのは16時半
時間的にはギリギリのタイミングでした

IMG_0498 (800x600)

今回の大会は私と弟の他に、弟の職場の方が2名参加されるとのことで
受付後みんなで集まって夕食を食べに行きました!

みんなで食事を楽しんで宿泊先のペンションに向かって明日に向けて早めの就寝

翌日は5時起きで現地に向かい6時にはスタート地点へ
会場の標高は1300m
前日の雨の影響もあって6時時点での気温は10℃を下回ってました
とにかく寒かったですね

IMG_0500 (800x600)
今大会の参加人数は何と2200人!
人の数がとにかくすごいw

当然皆それぞれ自転車を持っているわけで
すごい数のロードバイクを目の当たりにしましたね!

スタート地点では5人1列で並び
30秒起きに3列ずつスタートする形になっていました。

7時に先頭からスタートし、私は7時10分くらいのスタートだったと思います。

コース図
スタート後はしばらくはずっと下り続けます。
ただでさえ気温が低いのに、下りの寒さがプラスされガタガタ震えながら走りました
10月上旬とはいえ半袖なんて絶対無理w
長袖のジャージ必須ですね!

…と、
色々細かく書きたいけど、長くなりすぎるので要点だけまとめようと思います

コース:
coursemap_2012_new.gif
kouteizu_2012.gif
総距離117km
日本で一番標高差のあるグランフォンドという事ですが、
噂に違わぬ内容でした。
今回は膝痛の影響もあり自転車にはほとんど乗れていないまま出場した訳ですが、
内心「100キロくらいなら何とかなるだろう」と思っていました。
が、実際はそんなに甘くない
一気に1000m以上登るエリアでは後半完全に脚が売り切れてしまいました
前半は緩やかな上りが多い感じですが、ここぞとばかりに激坂が襲いかかってくることがあります。
1000mから1400m地点までの上りでは、リアルに目から汗が出てた気がしますw
50キロ地点から70キロ地点(丘の公園)まではほぼ山道で車通りはほとんどなし。
70キロ地点から85キロ地点までは大きい通りに出るのでそれなりに車の通行量があります。

その後は、800mくらいまで下ることになりますが、
「道が細い+舗装が荒い+車通りが多い」の三重苦でとてもじゃないけど気持ち良くは走れませんでした。
その後再び上りになりますが、ここは細い山道な感じでほとんど車通りがありませんでした。
高低図を見ると最後の最後に激坂が待っているように見えますが、
これはスタート地点の坂のようで…
図で感じられる程の坂ではなかったですね


エイド
エイドは事前に配られるチケットでの交換制
前大会で途中で食料がなくなってしまったのが原因だと思われます。
ただ、あまりに内容が乏しい
第2エイドの「蕎麦と高原レタス」は良かったけど、
他は一口チョコレート1個、グレープフルーツひと切れとか…
水分も第1とゴール以外は「水道水」のみ
中盤から後半にかけては空腹に耐えながらの走りになりました。
無論、私以外に一緒に出場した他3人もまったく同じ意見でした。


総評
いろいろ文句も書きましたけど、とても楽しかった!
やっぱりこれだけの人数の中で走るという経験はなかなかないし、
八ヶ岳の景観もとても素晴らしかった!
IMG_0501 (800x600)

そして何より行程の半分が上りというコース!
「ヒルクライムレースはハードルが高い」
そう思っている人は一度この大会に出場してみるのも良いかと思います!

速い人はとにかく速いw
自分のレベルがある程度分かるんじゃないかと思います!

自分はヒルクライムレースにでるにはまだ早そうな感じがしました…

来年度また出場したいなと思っています!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。