--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
2013

ホイールバランサー完了!

CATEGORY自転車
昨日ワイズロードから「ホイールバランサー完了」の連絡があり預けていたホイールを引取りに行ってきました!


fc2blog_20130707212050d8c.jpg


担当して頂いた方の話によると「ここまで安定するのはなかなか珍しいですよ!」というくらいの会心の出来だったようで、リップサービスかも分かりませんが出来栄えへの期待が高まりますw

実際に戻ってきたホイールを見てみると、下の写真のように大小様々な鉛シール(?)が貼られていてバランス取りが行われていることがわかります。

fc2blog_20130707212106ec5.jpg
fc2blog_20130707212120314.jpg

「スプロケット、タイヤ、チューブなんかを変えるとバランスが変わってしまうので、また調整の必要があります^^」って帰り際説明されましたけど、それなら新品のタイヤで持っていくべきだったなぁと少し後悔w

でも、いまのタイヤでは少なくとも1000キロは頑張ってもらわないといけないのでとりあえず気にしないでおきます。

で、早速本日走りに行ってきました!
コースはいつもの休日コース八景島往復70キロ

朝5時起きで最近新しいロードバイクを購入したO氏と一緒に行ってきました。

ホイールの良さを確認すべく走り始めた訳ですけど、向かい風がキツくてそれどころじゃない…

直進安定性が今までと比べ物にならないくらい上がっている

それだけは分かるんですけど、それは普通の振れ取りでも感じる内容であって
”ホイールバランサー”を行ったからこそ良くなった部分は強烈な向かい風のせいで中々伝わってこない。

行きはそんな感じでずっと強風にもがいているような状態でしたけど、
僅かな区間で風が緩やかになる場所があった!

ここぞとばかりにペダルを踏み込んでみて、確かに”ホイールバランサー”の効果を感じた!
35キロ以上のスピードになったときに明らかに踏みが軽いのである。

実際の効果はもっと前からあるのかもしれないけれど、高速になればなるほどホイールが慣性の力を上手く使ってロスなく回ってくれてるような、踏み込みが軽くなるような感覚が確かにありました。

「最高速度が〇キロアップ」みたいなそこまでの効果はないけれど、ホイールのグレードが1ランクアップするくらいの効果はありましたね。

ただ、この後いつも通り坂道も登ってみましたけど、そこでは全く効果は感じませんでしたw
効果を感じるのはあくまで”高速域での巡航”になってくるのかなと思います。

でも、まだ1度しか乗っていないのでそういう評価をくだすには時期早々かなとも思います。

来週あたりにまた山に走りに行くかもしれないので、そうしたら追記するかもしれません。

------------------------------------------------------------
で、ここからはO氏の新ロードバイク ドマーネ4.5の話

昨年発表されたエンデュランスバイク ドマーネ
それの4.5をちょっとだけ乗せて貰えたんで写真と共に紹介したいと思います!

fc2blog_20130707212032488.jpg
モノトーンなカラーリングがカッコイイです!
噂通りBBハイトが低いですね!

fc2blog_20130707212019f3f.jpg
ドマーネ最大の特徴のIsoSpeed
4.5はキャップを被せるタイプじゃなくて、シートポストを挿すようになってます。
高いモデルを買わせるための嫌がらせかキャップは5以上なのかな?


fc2blog_20130707212004060.jpg
チェーンステーは微妙に左右非対称。
デュオトラップセンサーで空いた穴の剛性感を埋める分太くなってる?

fc2blog_20130707211952a47.jpg
極太のダウンチューブ
トレックはダウンチューブ太めですよね!
縦にしなりやすくなるような楕円になってるのが特徴ですね

fc2blog_20130707211720991.jpg
ドマーネのもう一つの特徴のフロントフォーク
エンドが下向きになってる。
これも乗り味向上に一役買ってます!

軽く乗らせて貰っただけなので、そんなに詳しくは分からないですけど
まず一番良いなと思ったのが踏み出しの軽さ!
これはトレックの十八番と言える部分だと思いますけどこれは本当に凄い。
うちのKultとは大違い。倍以上軽いんじゃないかな?w
マドンになったらどうなっちゃうんだろ?ww

正直これだけでもトレックを選ぶ価値があると思います。

で、ドマーネ最大の特徴の振動吸収性!
これに関してはそこまでの感動はありませんでした。
Kult自体が結構振動吸収性に関しては優秀だったりするので、
それとの比較で期待しすぎてしまった部分があるかもしれないです。
当たり前の話ですが、けして悪いなんてことはないですw

僅かな時間乗っていた中で、一番感動したのは走りの伸びやかさですね。
踏み込んでいくとかなりしなやかに感じて、バネ感でグイグイ加速していってくれる感覚があります。

これはKultと正反対な感じで、ケイデンスを上げ気味に細かなパワーを伝え続けられて力を発揮するKultに対して、ドマーネは強めのトルクを与えた方がバネ感で加速していってくれる感じでした。

こういうタイプのフレームは多少雑なペダリングをしても、一旦それを受け止めて正しいベクトルで出力してくれるような懐深さがあって、うちの子(Kult)みたいな気難しさがなくて良いなぁと思ってしまいますw


O氏はグイグイ踏んでいくタイプなので相性バッチリなんじゃないかなと思いましたね!

まったく予定はないけれど、3代目があるとしたらドマーネのようにバネ感があるフレームが良いなと思いましたw
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。