--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15
2016

Colnago V1-r

CATEGORY自転車
1年くらい前に、いつか更新しようとして書き溜めておいたV1-rのインプレです。
いまはちょっと印象が違う部分もありますけど、そのまま載せたいと思います。

// ------------------------------------------------------
今回は
「軽量、高剛性」を重視して考えました。
当初はコスパも実績も最高なFelt F1一択で考えていましたが、
動き出したときにはどこも売り切れで手に入らない状態…

そんな中、妻からの「本当に欲しいのにしたら?もう買えないんだから(笑)」
という恐怖の後押しもあって本当に欲しいフレームを改めて探すことに

本当に欲しいフレーム
よく目にする「いつかは○○」という言葉
考えてみた結果…
いや考えるまでもなく
私の中では「いつかはColnago」でした。

そしてこのタイミングでColnago最軽量モデルとしてV1-rが発売されることに!

Colnagoはあまり重量にとらわれずMasterから続く特有の乗り味を追求しているイメージがありましたが、
このタイミングで”軽量”に振ったモデルが発売されるのは運命かなと

さらにフェラーリとの共同開発であの”跳ね馬”マークまでもが付与され
車じゃ絶対乗ることはないフェラーリにも乗ることができる(笑)
正直ラグドフレームのC60には後ろ髪引かれる思いがありましたが、
自分が探していた自転車に一番マッチするのはV1-rで間違いないので
購入を決めました。


本当はホワイトカラーにしたかったんですが、在庫切れでブラックレッドになりました。
マット塗装なのでクリーナーに制限がついてしまいお手入れが面倒です。
やはり白にしたかった(^^;

V1-rは細みな見た目でもColnagoの中では一応エアロフレームに位置しております。
ScottのFoilみたいな感じですかね?
Di2は内装タイプにできるため、コンポも思い切ってUltegra Di2を一括購入
クランクだけ見え張ってDuraAceになってます(^^;
ホイールは無難にWH-9000 C24 CL、タイヤはパナレーサーのRace L Light

インプレですが
Kultと比べてみると何もかもが上回ってる感じでびっくり。。
正直、Kultに関して言えばエアロ形状による直進安定性
積極的にしなるチェーンステーによる振動吸収性
この2つによる部分に関しては上回ってくるだろうと予測していましたが、
V1-rのこの2つの部分に関しても上回っています。
あくまで推測になりますが、Kultはエアロ形状がゆえに縦方向に硬く思ったよりもシートチューブがしならないため
チェーンステーの良さを上手く使えていないのかもしれないと感じます。
直進安定性に関しては、良く軽量フレームに対して聞くネガティブワード”ヒラヒラ感”を、
0スタート時にダンシングでスタートしたりするとほんの少しだけ(10km/hに満たない間だけ)感じますが、
それ以外はとにかく安定、まるで自転車に背筋があるかのようで感動します。
Colnagoと言えば、”硬い”というイメージがありますが
やはりこれはイメージ通り硬いと思います。

Kultに関しては過去に「出力が平均されて出てくる感じ」と表現したことがありますが、
例えば強い入力を入れると、フレームがしなり(悪く言えば吸収して)結果として平均値が速度として反映される感じでした。
V1-rは強い入力を入れると、それをがっつり受け止めてくるので脚にダメージがくる感じがします。
要約すると、
Kultはしなる結果ペダルは回るけど、V1-rは受け止めてくるのでその分回らない。
この辺は乗り方や好みの問題になってくるのでどちらが良いとは言えないと思いますし、
また、脚力によって感触や見方は変わってくると思うのでこれがすべてではないと思います。
ただ今回V1-rに乗ってみて「硬いフレームはこういう乗り味になるんだな」と新たな世界が見えて感動した部分です。
(F5も硬かったけどさすがに忘れてしまいました(^^;)

ちなみに、Trek Madone4.5、GDR MeteorHybridに乗っている弟に乗ってみてもらったところ
「硬くて乗りづらい、これじゃあっという間に売り切れる」
と一刀両断されました(苦笑)

しかし、これは乗り方の問題もあって、フレームに力をぶつけて挙動を制御してもらうのではなく
自分の力加減で調整することで対応していけるのではないかなと思います(^^;

昔からのColnago乗りの人から見ればV1-rは幾分か「柔らかい」らしく、
Cシリーズに比べれば乗りやすく調整されているらしいV1-rですが、
自分にとって思い描いていたColnagoらしさは十分に感じさせてくれているように感じます。
// ------------------------------------------------------

V1-rに乗り始めてもうすぐ2年になりますけど、"硬い"という印象だけは変わらないですね。
パワーメーターも導入してFTPはだいたい220、230Wくらいですけど、
巡行時に250Wを越えるようにケイデンスを上げようとすると、
「硬くて回らない~(泣)」って感じになることが良くあります(笑)

今はKultは乗れる状態にないのが残念ですが、月末にまた新しいフレームが入ってくるので
そのフレームとの乗り比べが楽しみです!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。