--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16
2016

Rotor QXLを一年間使ってみて

CATEGORY自転車


パワーメーターの導入を決意したときに当初はパイオニアのパワーメーターを導入するつもりでした。
が、調べてみるとダイレクトマウントブレーキのバイクはリアブレーキがクランクと干渉してしまい取り付けができないことが判明(^^;
その後色々と模索した結果、耐久性と単三電池で動作することに惹かれてRotor Inpowerを購入しました。
(1年も経たず2Inpowerを発表されて今は涙目ですが(^^;)

せっかくRotorのクランクになるということで昔から興味があった楕円チェーンリングを使ってみようと思ったのが使用のきっかけです。
慢性前立腺炎を煩ってる影響でノースなしサドルを使っていますが、ノースなしサドルの特徴のひとつとして
「踏み足に力が入りやすい」というのがあります。
左右の坐骨のみしか接点がないので自ずとそうなる訳ですが、そのような状況だと自ずと踏み足に力が込められるので
なんとなく3~5時の辺りですっぽ抜ける感覚に陥ります。
たぶんハンドル落差が大きい人でも同じような感覚がありながら走ってる人もいるのではないでしょうか。

RotorのQXLでは楕円で一番歯数の大きい部分(要するに一番重たい部分)を調整することができます。
私は一番下死点に近い部分がピークにくるように設定しました。


実際使ってみると、軽い部分のすっぽ抜け方が凄いです。
完全にペダルに足が置いていかれる感じがします。
ピーク時の重さよりも、軽いときのすっぽ抜けの方に違和感を感じます。
500km位の慣らし期間を推奨されていますが、実際は50kmも走れば慣れてくると思います。

長くなりそうなので"私が感じた"メリット、デメリットを挙げていくと
メリット:
クランクにパワーが入れやすくなった(3~5時辺りのすっぽ抜け感がなくなり踏み足に十二分に力が入る)
心拍数が落ちた(たぶん軽いときに良い感じで休めてるんだと思われます)
デメリット:
特定の筋肉に負荷が集中する(私の場合はとくに臀部とハムストリング)
脱チェーンしやすい(Ultegra Di2ですが1割くらいの確率でしている気がします)
真円のチェーンリングの自転車に乗ると真円なことによる違和感があり、乗り味の違いが感じづらい。


トータル的に考えて"力が入れやすい"の1点だけでも楕円にするメリットは十二分にあると思います。
Rotor社はケイデンスを上げる走りを推奨しているようですが、
サドルから腰を上げてペダルに体重を乗せていくような走りの方が特性を活かせるような気がします。

最近になり楕円を使うのを辞めましたが、
辞めた最大の理由は、「真円のチェーンリングの自転車に乗ったときに違和感を感じる」からです。
サブの自転車を購入したときにサブ側も楕円にするくらいの決意があれば良いのかもしれませんが、
世の中の自転車の9割以上は真円ですし、シクロクロスやマウンテンバイク、BMXなどでは
そもそも楕円は聞かれません。

シクロクロスやマウンテンバイクに乗ろうという気持ちは今のところありませんが、
やはり友人、知人のバイクに乗ることはあると思いますし、
真円による違和感で違いが分かり辛くなってしまうのは勿体無いなと思い真円に戻しました(^^;
改めて真円に戻すとピーク時よりも「軽い部分が重くなる」方に違和感を感じ、
この部分で使用する筋肉が異常に疲れました(^^;
これも走っていくうちになれると思いますので、また改めて鍛えなおしていく所存です。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。