--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17
2016

Campagnolo BoraOne35 Clincher

CATEGORY自転車
これまで色々と無駄遣いしてきたホイール

Shimano WH-6800から始まり、
Fulcrum Racing1
Campagnolo BoraOne50 Tubular
Shimano WH7900 C50
Shimano WH9000 C24

何かしら理由をつけては購入し、どこかしらに不満を抱きまた新しいホイールが欲しくなる悪循環…
その悪循環を完全に止めてくれたのがタイトルにあるBoraOne35 Clincher



”普段履きの決戦ホイール”

巡行、登り、スプリント、パンク修理どれをとっても及第点以上。
カーボンリムでクリンチャーは正直不安もありましたが、
「十分な強度が確保できた」というメーカーの言葉を信じて購入を決めました。
値段が高くてもホイール沼から抜け出したいという思いがとにかく強かったですね(^^;

今まで格安で手に入るため通販でばかり購入してきたホイールでしたが、
最近のCampagnoloは組み付けが若干良い加減っぽいので、
仕入れた物をそのまま送ってくるようなところでは怖くて買えないなと。。

さらに高い買い物ですので大切に長く使いたいという思いがあったため、
足立区のショップFitteさんにて購入しました。(近所なのにメール+銀行振り込みで購入しましたが(^^;)
「日本で一番Boraを売っているお店」を自称(?)しているだけあり、
購入前のチェック、メンテナンス、アフターフォローまで完璧に行ってくれます。

値段はもちろん海外通販に比べれば高いですが
保守に入っていると思えば安いのではないでしょうか?

ホイールのメンテナンスは専用機材が必要ですし難易度も高いですし(^^;

実際の走行性能はと言うと、
完全に文句なしの性能!
今までのホイールに比べてリムが圧倒的に軽く感じて本当に良く転がる。
直前に履いていたWH9000C24と比べて速度の維持が明らかに楽になり
これ以上ないホイールに出会えたなと思えるものでした。

カーボンリムはアルミリムに比べれば寿命は間違いなく短いでしょうが、
私くらいの走行距離なら5年以上楽々持つでしょう。

今は完全にホイール沼から抜け出し、「ホイールが欲しい」と思うことはまったくありません。
自転車に散財し続けてたきたなかで最も「買って良かった!」と思えた代物です。



これからも大事に使い続けていきたいと思っています。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。