--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30
2010

Kultインプレ2

CATEGORY自転車
昨日無性に自転車に乗りたくなり
夕食の後ひたすら自転車の調整を行いました

とりあえずブレーキレバーの位置が低すぎるので
バーテープ剥がして、可能な限り上に上げて、
新しいバーテープを巻いて、
ステムも限界まで下げて、
サドルの向きもやや上向きなので下向きに下げて
位置も調整して…
気が付いたら0時過ぎになってました


そして本日寒いの嫌だけど自転車乗ってきました!

いざ乗ってみると全然寒くないw
むしろ丁度良い感じで、何をそんなに脅えてたのかって感じですねw

ハンドルは交換を考えるくらい自分に馴染まなかったけど
調整の成果もあり、今日はそこまで気にならなかった。

むしろ気になったのはハンドルの高さ
やっぱりFelt F5と比べるとヘッドチューブの長さが
25mmも違うのでやたら高く感じる

今まで下ハンドルは握ることはほとんどなかったけど
Kultでは下ハンドルがメインになってますね

前回のインプレで「振動吸収性が良い」という書きましたが、
今日走っててすごい分かり安くそれを伝える方法が分かりました!
それは、
   常に道路の白線の上を走ってる感じ
ですw
ここまで極端に良くはないですが、ニュアンスは似てると思います。


それとペダリングに関してもちょっと特徴…というか
Kultが良く反応してくれる回し方があることにも気付きました。

今まで(Felt F5)は
「2時の位置から踏み込み、引き足も7時の位置から引き上げる」
いわゆる「前と後ろ」でトルクをかけるペダリングをしていて
そうする事でFelt F5は「グン」と加速をしてくれて
スピードの維持も力加減でよかったけど…

Kultでこれをやっても「スカ」と抜けてしまう感じになってしまうんですよね
今までの自転車に比べてかなりペダルが軽く回せてしまうので
こうなると思うんですが…

ただ、その後「全体的に均一」にトルクがかかるように回してみると
抜群に良い反応をしてくれるようになりました

ペダリングを変える前は

Kult:「お前の下手糞なペダリングじゃ走ってやれないなw」

って言われてたんじゃないかって気がしますね

まだまだ全然乗り込んでいないので、良さを引き出しきれていませんが
冬眠はもう少し先延ばしにしてw
自転車も真面目にトレーニングしていきたいです!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。